• 調べる
  • 車のアイコン

    アクセス

  • 医師のアイコン

    採用情報

  • 携帯アイコン
    044-933-8111お電話

キービジュアル

MENU

アイコン

調べる

PAGE TOP

診療内容

救急災害医療センターは、地域の救急受診患者さんの窓口として24時間365日の対応を行っています。当センターはいわゆる二次救急医療機関として、救急医、内科医が中心となり、循環器内科、脳神経外科、小児科の専門科救急対応、各診療科協力のもと診療に当たります。このため、あらかじめ診療科の特定が困難な症状の患者さんでも、まずは拝見し、必要な検査、処置を実施しております。特に地域の先生方にとって、通常の外来診療を長時間中断することがないよう迅速な受け入れを心がけており、また緊急手術や緊急内視鏡などの特定の治療が必要な患者さんに関しましても、可能な限り対応いたしておりますので、お気軽にご相談ください。ご紹介いただきました患者さんにつきましては、ご病状のご報告、また軽快後には速やかに逆紹介いたします。

地域を支える医療機関の一員としてご一緒できれば幸いと考えています。

診療実績

2017年度 2018年度 2019年度
救急患者取扱数 12,175 13,023 13,256
救急からの入院患者数 3,684 3,631 3,648
救急搬送台数 4,468 5,220 5,727
紹介患者数 2,348 2,358 2,444

最近の話題

2020年度は新型コロナウイルス感染症抜きには語れません。当院は川崎市の重点医療機関として主に軽症〜中等症の陽性患者さんの入院対応に当たっています。

社会全体がそうであるように、医療機関も今年はこれまであたりまえにできていたことができない年になっています。患者さんの表情を見て、しっかりと話を聞いて、身体をしっかり触ってといった基本的な診療もままならないことがあります。

これまでとは違った、新しい診療様式を模索しながら、患者さんならびに職員の安全を確保し、安心できる病院となるべく日々の診療を構築しております。

新型コロナウイルス感染症の一日も早い終息を願いながら、これまで同様にあたりまえの診療の質を上げていくよう職員一同尽力して参ります。

本年度もよろしくお願い申し上げます。

医師・スタッフ紹介

  • TANAKA TAKU

    田中 拓

    センター長

    ER・救急全般・総合診療

  • NOMURA YU

    野村 悠

    副センター長

    ER・救急全般・総合診療・へき地山間地域における地域包括ケア

  • HIRAMA CHIE

    平間 千絵

    医長

    ER・救急全般・総合診療 呼吸器学領域

  • TAKAMATSU YUKA

    高松 由佳

    医長

    ER・救急全般・総合診療・院内急変対応

  • GOMIBUCHI TOMOKA

    五味渕 智香

    医員

    ER・救急全般・総合診療

一覧へ戻る