• 調べる
  • 車のアイコン

    アクセス

  • 医師のアイコン

    採用情報

  • 携帯アイコン
    044-933-8111お電話

キービジュアル

Disease・Symptom

MENU

アイコン

調べる

PAGE TOP

乳癌

乳癌には、乳管内に留まっている非浸潤癌と乳管から破りでて大きくなる浸潤癌があります。マンモグラフィや超音波で疑わしい場合は、針生検で組織学的検査を行い、確定診断をします。CT,MRIで遠隔転移や乳房内進展を確認し、手術方法や薬物治療を個々に応じて選択します。乳がんはしこり、皮膚のひきつれ、血性の乳頭分泌など比較的、ご自身で発見しやすい病気です。1〜2年に1回の画像検診と定期的な自己健診も大切です。

対象の診療科

  乳腺・内分泌外科